高齢者見守りシステム

概要

高齢者社会を間近に控える現在において、介護施設の抱える問題は数多くあります。高齢者見守りシステムは、介護される方の動きをシルエット画像で判別することによってプライバシーに配慮しながら徘徊やベッドからの落下などの問題を未然に解決するシステムです。長年セキュリティシステム開発で培った技術を介護・福祉分野にて社会に貢献します。

2014年12月の発売以来、多くの福祉展示会に出展。来場者様や実際にご利用のお客様から高い評価を頂いています。

高齢者見守りシステムで使用するシルエット見守りセンサは、「ロボット介護機器開発・導入促進事業の採択事業」に採択されました。

システム例

特徴

  • 特徴の画像1

    ■起き上がり、はみ出し・離床を区別して検知

    ベッドからの「起き上がり/はみ出し/離床」を区別して正確にお知らせします。お知らせ内容に応じた対応が可能です。

  • 特徴の画像1

    ■シルエット画像で状況を確認

    ご利用者のプライバシーを保護するため、シルエット画像で状況を確認します。夜間の照明が消灯している居室でも確実に状況を確認することができます。

  • 特徴の画像1

    ■モバイル端末で確認

    パソコンはもちろん、タブレット端末やスマートホンにお知らせすることで、居室から離れていても、お手元にて見守り対象の方の状況を確認できます。

システム詳細