医療・介護ソリューション

ご利用のみなさまへ

 介護施設関係者、在宅介護・訪問介護関係者、入居者の家族など広く介護に携わる方や、医療関係者(医師・看護師・検査技師・栄養士・薬剤師など)の方に、高齢者・認知症の方の見守り対策、施設の物理セキュリティ対策などについてまとめました。

閲覧には、ブラウザのクッキー (Cookie) 設定を 有効にする必要があります。

 

 困り事・業務課題

 解決案

 導入効果

 入居者、入院患者の夜間見守り、
 転倒を未然に防止したい

 高齢者見守りシステム
 シルエット見守りセンサ

 職員の間接介助業務
 (見守り・巡回)の負担軽減

 入居者、入院患者の
 生活リズムを把握したい
 センサ履歴データ蓄積・分析

 職員間の申し送り、情報共有

 職員間の伝達を
 円滑に行いたい

 介護施設でのインカム活用

 皆で働いているという
 職員間の一体感が生まれ、
 結果的に離職率低下につながる

 来訪者の体温(表面温度)測定、
 離れた場所で確認したい

 体温測定、離れた場所での確認

 体温異常者の把握
 来訪者に対しての安心感

 施設エントランスや、
 居室出入り口での
 物理セキュリティを強化したい
 介護施設向け
 入退室管理、受付システム

 入居者、入院患者の徘徊防止、
 部外者の侵入防止、
 施設の宣伝(入居者の増加)

 初期投資を抑え、
 月額費用を払わず、
 物理セキュリティ対策を行いたい

 電気錠制御カードリーダー

 入居者、入院患者の徘徊防止、
 部外者の侵入防止

 

ソリューションのご紹介

  • 特徴の画像1

    ■高齢者見守りシステム(シルエット見守りセンサ)

     被介護者の転倒防止、介護職員の間接介助業務(見守り・巡回)の負担軽減を目的とした介護ロボットです。 特に、認知症の方、夜間見守りで効果を発揮します。

     2014年発売開始以来、累計 約500施設にご導入、約3,000台以上設置されています。 導入効果として、介護職員の業務負担低減(特に夜間)、介護ロボット導入による宣伝効果(入居者増加)が期待できます。

     

  • 特徴の画像1

    ■介護記録システムとの連携

     介護現場のオペレーション効率化を図りながら、同時にサービス品質を向上させる情報管理システムと連携できます。

     当社 シルエット見守りセンサ含め、複数の介護ロボット、IoTセンサ機器等の情報を集約し、現場の状況やアラート情報などを表示するアプリを利用できます。

     詳細は、当社までお問い合わせください。    お問い合わせフォーム

     

  • 特徴の画像1

    ■センサ履歴データ蓄積・分析

     入居者、入院患者の生活リズムを見える化するためのソフトウェアです。特定の入居者の動き・生活リズムを把握、個別ケアプラン作成に役立ちます。

     また、集めたデータを介護記録に活用できます。

     

  • 特徴の画像1

    ■介護施設でのインカム活用

    介護施設・医療機関では、職員間の伝達、コミュニケーションを円滑に行うため、インカムを利用しています。

    皆で働いているという職員間の一体感が生まれ、結果的に職員の離職率低下につながります。

     

  • 特徴の画像1

    ■体温測定、離れた場所での確認

     顔認証と同時に、体温(表面温度)測定とマスク検知を行います。 顔画像と体温測定結果(数値)の両方を液晶ディスプレイに表示しますので、来訪者にも一目で結果が分かります。

     また、ビデオインターコムを接続しますと、離れた場所でも表面温度結果を表示。 異常の場合、警告音を鳴動します。  過去の体温異常者の履歴も確認できます。

     

  • 特徴の画像1

    ■介護施設向け入退室管理、受付システム

     顔認証装置を利用したアクセスコントロール・入退室管理、 来訪者との通話・遠隔解錠・QRコードを利用した受付システムが実現できます。

     介護施設・病院のエントランスや居室の出入り口などで利用できます。

     

  • 特徴の画像1

    ■電気錠制御カードリーダー

     非接触ICカードを利用して、個人毎に入室、退室を制限する装置です。

     扉の電気錠、DC24Vの電源装置を追加するだけで、設置・運用できるため、徘徊防止、部外者の侵入防止などを簡単に実現できます。

     

当社のおもい

  • ■高齢者の安全を見守るシステム開発に挑戦
     介護プロジェクトを2012年に立ち上げ、数百カ所にも及ぶ介護施設をヒアリングさせて頂く中で、施設のお困り事として、ベッドからの離床を「正確に」見守る製品がないことが分かりました。
     開発コンセプトとして、介護士の皆様方に手間がかからず、取り扱いが簡単であることを掲げ、2014年末に介護ロボットである「シルエット見守りセンサ」を発売しました。

 

  • ■間接介助業務 削減、ゼロに向けて
     「シルエット見守りセンサ」をご導入頂いた中で学んだことは、職員皆様の直接介助業務に割り当てる時間を増やすことの大切さです。
     そのためには、間接介助業務の時間を削減すること。特に見守り・巡回業務は、職員様がご利用者様と直接触れ合う業務ではありません。 この間接介助業務の削減を行うために、創業当初からの事業である物理セキュリティを含め、医療・介護ソリューションを提供することで、お役に立ちたいと考えています。

 

  • ■コロナ禍からコロナ後に向けての取り組み
     新型コロナウィルスの影響により、介護関係者、医療関係者、ご利用者の皆様方には、今までとは異なる日常業務、日々の生活習慣を強いられていると思います。
     新しい変化に対応するため、皆様方の安全・安心に貢献し、感染症のリスクを減らし、少しでも業務を楽にするようなソリューションをこれからも創出していきます。

 

当社の強み

 当社は、オフィスセキュリティやホームセキュリティに関わる各種センサ、コントロールパネル、防犯カメラなどを開発し、遠隔監視センタシステムを含めたトータルソリューションとして、警備会社様やマンション・ビル管理会社様、商業施設様などに提供しております。

 当社の強みは、企画・設計開発・製造・販売・保守を一貫して自社で行っていることです。 医療・介護市場でも、未来を見据え、必要とされる技術や課題に対して、先進的・先行的に取り組んでいきます。

 

販売チャネル

 代理店様・取扱店様から販売することも、当社から直接販売することもできます。
代理店様・取扱店様には、Wi-Fiネットワークを構築するシステムインテグレータ(SIer)様から、
地域で医療機器・介護用品をお取り扱いされている商社様、レンタル会社様などがございます。

 

システム紹介