セキュリティゲートシステム

物理的構造により、エリアの境界を明示。 不正通行を検知・防止するための能力を備えるシステムです。

ご要望に応じて、フラッパー型、回転式型、コンパクトスイング型、フルハイト型といった様々なゲート形状をご用意しています。 非接触カード認証、生体認証が利用できますので、完全非接触による認証、ゲート通過も可能です。

また、セキュリティゲート単独での運用から、工場での静電チェッカーとの連動、当社製入退室管理システム(F-10 2G ADV)との連携、ゲート型金属探知機まで、幅広くご提案できます。

当社では、ご提案だけでなく、施工、保守サービスまで、一貫してサポートできますので、お気軽にご相談ください。

 利用シーン

 導入ポイント

 おすすめ製品

 オフィスビル  
 官公庁

 関係者以外の侵入防止、
 建築空間になじむデザイン性

 フラッパーゲート
 簡易型フラッパーゲート

 工場

 他システムとの連携
 →顔認証、静電チェッカーなど

 簡易型フラッパーゲート
 回転式セキュリティゲート
 フルハイトゲート

 建設現場

 作業者の共連れ防止

 回転式セキュリティゲート

 データセンター
 コールセンター
 金融機関 

 物理セキュリティによる
 情報漏洩防止対策

 簡易型フラッパーゲート
 ゲート型金属探知機

 公共施設
 美術館・博物館
 スタジアム

 入退場確認手段

 回転式セキュリティゲート
 ゲート型金属探知機

 

さまざまなエントランスで使われています

■たとえば、オフィスビル、官公庁で

関係者以外の侵入を防ぐために、建物エントランス部分に設置します。

建物空間になじむデザイン性と、通行者の利便性の確保が求められます。

■たとえば、工場で

工場の入口に設置し、作業者の入退場に利用します。

最近は、顔認証を利用した完全非接触による運用、体温検知付の顔認証装置と連動した運用が増えています。

また、海外工場との共通運用ルールに対応するために堅牢なゲートを導入。 納入先からのご要望により、静電チェッカーとの連動(チェックOKした作業者しか通過できないようにする)が求められる場合があります。

■たとえば、建設現場で

建設現場の出入り口に設置し、作業者の共連れ防止、入退場管理に利用します。

最近は、労務安全書類作成支援ツールである「グリーンサイト」対応に関連して、建設現場に堅牢な回転式ゲートを設置。 作業者が一人ずつ通過を確認する手段として使用するケースが出てきています。

※「グリーンサイト」とは、グリーンファイル(労務・安全衛生に関する管理書類)を、クラウド上で簡単に作成・提出・確認できるサービスです。

※「グリーンサイト」は、株式会社MCデータプラスの登録商標です。

■たとえば、データセンター、コールセンター、金融機関で

関係者以外の立ち入りを禁止、関係者の入退室履歴管理、勤怠管理連携用に、セキュリティゲートを導入しています。

また、情報漏洩を防止する手段、USBメモリやパソコン(PC)の持ち去りを検知するためにゲート型金属探知機を設置する場合もあります。

■たとえば、公共施設で

来館者、来場者の入退場チェックのため、セキュリティゲートやゲート式の金属探知機が使われています。

新たなニーズ、「検温」+「非接触の認証」に対応

  • ●無人の現場でも活躍

 

  • ●顔認証でセキュリティーゲートを開閉するのと同時に非接触で検温
  •  →検温の行列を解消。 検温には時間がかかるため、出社ピーク時には行列ができることもある
  •  →体温異常、マスクしていない場合、ゲートが開かない

 

  • ●顔と体温測定結果(数値)が液晶ディスプレイに即時に表示
  •  →利用者に安心感を与える効果、システム全体のコストダウン効果
  •  →サーマルカメラ利用の場合、利用者に測定結果を知らせる仕掛けが別途必要

 

  • ●顔認証した時刻と、体温を自動で記録
  •  →社員の健康管理と勤怠管理が一括で可能

 

  • ●顔認証利用によるメリット
  •  →社員証や入館証を忘れても入館可能
  •  →なりすまし侵入を防止

 

 

フラッパーゲート システムイメージ

セキュリティゲートだけで単独運用する場合、管理用パソコンに管理用ソフトウェアをインストール。 通過させたいヒトのカード情報、生体情報を登録することで対応できます。

 

簡易型フラッパーゲート システムイメージ

簡易型フラッパーゲートでも生体認証、検温+顔認証が利用できます。 工場では、さらに静電チェッカーと組み合わせて運用する場合もあります。

 

入退室管理システム(F-10 2G ADV)との連携

入退室管理システムと侵入検知システムの融合した総合的なセキュリティシステムであるF-10 2G ADVでも、セキュリティゲートを連携できます。 カード認証の場合、カードリーダをセキュリティゲートに埋め込み設置。 顔認証の場合、顔認証端末をゲート上、または横に自立スタンドを設置して対応できます。

 F-10 2G ADVシステムについては、下記をご参照ください。

 

注意事項

ご使用には、設置工事が必要となります。 設置工事につきましては、当社までお問い合わせください。
 
受注生産品です。 納期は、セキュリティゲートタイプ、仕様により異なりますので、当社までお問い合わせください

 

お問い合わせ

購入方法や価格についてのご質問は、当社までお問い合わせください。

 

システム詳細