遠隔画像監視システム

概要

異常発生時、ビデオサーベイランス・マネージャ《KVS-103T》に接続されたアナログカメラの映像をビデオサーベオランス・ステーション《KVS-300R》に送信します。

ビデオサーベイランス・ステーションでは異常発生時の静止画像と、その後のリアルタイム画像、音声を確認することができます。また、オンラインで各種設備のON/OFF制御も行えますので、映像を見ながらサイレンなどを動作させることも可能です。

システム例

特徴

  • 特徴の画像1

    ■ステップバック画像とリアルタイム画像

    ビデオサーベイランス・マネージャ《KVS-103T》は、異常発生直前の静止画像10枚、異常直後の静止画像10枚、計20枚をビデオサーベイランス・ステーション《KVS-300R》に送信します。(ステップバック画像)
    その後、実際の映像に切り替わり、状況の確認が行えます。(リアルタイム画像)
    ステップバック画像、リアルタイム画像とも、KVS-300Rに画像を保存することが可能です。

  • 特徴の画像1

    ■音声通報

    ビデオサーベイランス・マネージャ《KVS-103T》にマイクとスピーカを接続することで、ビデオサーベイランス・ステーション《KVS-300R》と音声通話が行えます。マイクだけを設置した場合でも現地の音声を聞くことができるので、異常をいち早く判別できます。

  • 特徴の画像1

    ■警備システムとの連動

    ビデオサーベイランス・マネージャ《KVS-103T》とコントロールコミュニケータ《KFC-503》を接続することで、KFC-503で検知した異常信号を通信でKVS-103Tに送信することが可能です。警備システムと遠隔画像監視システムを連動させることで、より確実な状況確認と判断が行えます。

  • 特徴の画像1

    ■リモートモニタ

    ユーザーのPCからインターネット回線を通じてビデオサーベイランス・ステーション《KVS-300R》にアクセスし、ビデオサーベイランス・マネージャ《KVS-103T》のカメラ映像をリアルタイムで確認することができます。

系統図

システム詳細