簡易型入退室管理システム

概要

簡易型の入退室管理システムです。対象となる扉に電気錠を設置し、入室側、または入室側・退室側の壁面にカードリーダを設置して入室、退室の管理を行います。使用するカードは専用のカードのほか、社員証や交通系ICカードも利用いただけます。

システム例

特徴

  • ■カード登録枚数4000枚

    入退室管理装置《KAC-01》では、ユーザーカードを最大4000枚まで登録可能です。それぞれ4桁の暗証番号の設定が行えますのでカードを紛失しても安心です。

    ※ 暗証番号はカードリーダにオペレーションターミナル《OT-301シリーズ》を使用した場合のみ使用可能です。
    ※ 入退室管理装置《KAC-01MK2》は最大1000人まで登録可能です。

  • ■WEBブラウザで設定

    入退室管理システムのカードの登録・抹消、各種システム設定は汎用PCからWEBブラウザを使用して行います。専用PCやソフトウェアは不要です。

  • ■残留者検索機能

    入室履歴と退室履歴を常にチェック。室内に誰が在室しているかをPCで簡単に検索できます。また、検索結果をCSVデータとしてエクスポートすることも可能です。

    ※ 残留者検索機能はKAC-01MK2のみの機能です。KAC-01ではご利用いただけません。

  • ■簡易な鍵管理システムとして

    電気錠の代わりにシングルキープールボックス《KKP-01B》と組み合わせることで、簡易な鍵管理システムが構築できます。どなたが鍵を持ち出したかが分かるので倉庫や社用車の鍵管理としてご利用いただけます。

系統図

システム詳細