介護施設向け入退室管理、受付システム

  • 特徴の画像1

    顔認証装置を利用したアクセスコントロール・入退室管理、来訪者との通話・遠隔解錠が実現できます。

    介護施設・病院のエントランスや居室の出入り口などで利用できます。

    別途、有償の管理ソフトウェアを利用することで、QRコードを利用した受付システムも実現できます。

     

施設のエントランスや、居室の出入り口で活躍します

  • ■顔認証による入退室管理、アクセスコントロールとして

    • ●顔をかざすだけで、個人認証。自動ドアを開けたり、扉の電気錠を解錠できます

    • ●両手がふさがっていても、IDカードや鍵を持たなくても問題ありません

    • ●車いすご利用の方から、高身長の方まで 1台だけでスムースに顔認証できます

    • ●マスクを着用していない来訪者は、警告表示、警告音鳴動。解錠しない設定もできます

     

  • ■来訪者との通話も

    • ●事務室、ステーションに設置したビデオインターコム(ビデオインターホン)にて、顔認証端末のカメラ映像に映し出された顔を見ながら通話できます

    • ●顔を確認した後、ビデオインターコム タッチパネルの解錠ボタンを押下することで、自動ドアや扉の電気錠を遠隔解錠できます

     

  • ■デザイン性とコストパフォーマンスの両立

    • ●顔認証端末、ビデオインターコムとも施設の設置場所になじむコンパクトでスマートなデザインを採用しています

    • ●顔認証端末、ビデオインターコムとも低価格でご提供。機能が充実しているため、システムを構成する装置の種類も少なく実現できます

     

システム構成例

  • ●ビデオインターコム(ビデオインターホン)1台に対して、複数の顔認証端末を接続。通話(発信)、扉の電気錠を遠隔解錠できます

  • ●顔認証端末1台に対して、複数のビデオインターコムを接続、通話(発信)できます

 

顔認証端末(DS341 Mifare 日本語) 主な特長

  • ■設置場所になじむ、美観を損なわないデザイン

  • ■コンパクトなスマートフォンサイズ

  • ■4.3インチタッチスクリーン搭載

  • ■LED白色ライトを搭載

  •  ・ 暗い場所でも顔認証(10ルクス以上)

  • ■マスク検知対応

  •  ・顔認証時、マスクを着用していない場合、警告表示、警告音鳴動

  • ■屋外設置対応

  •  ・防塵、防水仕様 IP65相当

  •  ・逆光、直射日光、間接太陽光といいた環境下での設置はできません

 

顔認証端末(DS341 Mifare 日本語)認証方法について

 認証方法

内 容

 顔認証

 事前登録された顔画像との比較により認証 

 カード認証

 カードの製造番号を認証。 MIFAREカード (UID 4Byte) 

 ユーザID +パスワード認証

 タッチパネルから入力することで対応

 パスワード認証のみ

 タッチパネルから入力することで対応

 ※MIFAREは、NXPセミコンダクターズの登録商標です

 

顔認証端末(DS341 Mifare 日本語)認証方法、組み合わせについて

  • ・高度なセキュリティレベルが必要な場合、顔認証に組み合わせての利用を推奨します
  • ・顔認証は、anti-spoofing環境(なりすまし)に完全に適応していません
 No.

組合せ認証例

 1

 顔認証 + カード認証  (MIFARE UID) 

 2

 顔認証 + パスワード入力認証(ユーザIDの入力は不要)

 3

 カード認証 + パスワード入力認証(ユーザIDの入力は不要)

ビデオインターコム(ビデオインターホン DS-KH6320-TE1) 主な特長

  • ■設置場所になじむ、美観を損なわないデザイン

  • ■7インチタッチスクリーン搭載

  • ■顔認証端末との通話(発信と着信の両方に対応)

  • ■顔認証端末、カメラ、ライブ映像の視聴

 

ビデオインターコム(DS-KH6320-TE1) 対応表

  警告表示 警告音鳴動 履歴確認
 体温異常  ×  ×  × 
 マスク未着用 ×  ×  × 

 ※体温異常、マスク未着用確認には対応しておりません。 別商品、KC001にて対応しています。

 

 

対 応

顔認証端末からビデオインターコムへの通話(発信)
       DS341 日本語 Mifare  → DS-KH6320-TE1

ビデオインターコムから顔認証端末への通話(発信)、遠隔解錠
       DS-KH6320-TE1 → DS341 日本語 Mifare

 

 

QRコードを利用した受付システムについて

顔認証端末には、QRコード認証機能を搭載しています。別途、有償の管理ソフトウェアを利用することで、来訪者用QRコードを事前に作成。電子メールなどを使って来訪予定者に渡し、施設来訪時、顔認証端末にQRコードをかざして認証、入館できます。QRコードの有効期間を設定することで、入館制限可能です。

 ※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です

■ゲストユーザの登録、制限設定

  • ●ユーザ登録の実施。有効期間、開始年月日・開始時刻と終了年月日・終了時刻を設定

 

■QRコード作成、ダウンロード

  • ●ユーザ管理画面から「訪問者パス」にあるQRコードを表示し、ダウンロード実行

  • ●QRコードは、SVGファイルとして保存

 

■来訪予定者に送付

  • ●電子メールなどを利用し、来訪予定者にSVGファイルを送付

  • ●来訪予定者は、スマートフォンのアプリからSVGファイルを開き、QRコードが表示されることを確認

 

※スマートフォン機種によっては、SVGファイルを表示するためのアプリケーションが別途必要となります。

■来訪時、QRコードを表示

  • ●来訪時、スマートフォンのアプリからSVGファイルを開き、QRコードを表示

  • ●表示したQRコードを顔認証端末にかざす

  • ●顔認証端末にQRコードをかざすだけで、認証。自動ドアや扉の電気錠を解錠

 

ご購入・ご利用にあたっての注意事項

生体認証商品は、anti-spoofing環境(なりすまし)に完全に適応している訳ではありません
 ●高度なセキュリティレベルが必要な場合は、顔認証以外の認証方法を組み合わせてご使用ください

本機を直射日光の当たる場所、換気の悪い場所、ヒーターやラジエーターなど熱源付近の設置は 、動作不良や故障の原因となりますので、当社までご相談ください

顔画像の登録について

 ●顔写真画像を登録する場合、特徴点が見つけ出せない写真は登録できません

 ●顔写真画像利用の場合、設置環境状況によっては、顔認証ができない可能性もあります

 ●当社としては、下記の登録方法を推奨しています

 No.

顔画像 登録方法

 1

 設置している顔認証端末から直接登録

 2

 登録専用の顔認証端末から直接登録


使い方に制限が出てきますが、体温測定機能付 顔認証端末(DS70MI-T)、ビデオインターコム(KC001)との連携も可能です。具体的な連携方法などを含めた入方法や価格につきましては、当社までお問い合わせください。

お問い合わせ

システム構成機器

システム詳細