F-10 2G EXPクラウド

概要

F-10 2Gセントラルステーションと連動してオンラインセキュリティシステムをご利用の方に対し、日報・月報データの配信やダウンロード、発生ジャーナルのメール配信、ホームセキュリティシステムの開始/解除制御などのサービスをご提供するシステムです。また、点検発報機能、機動隊連携機能、残業事前確認機能によりセンターの管制業務の簡素化も図ることができます。

システム例

特徴

  • メール配信

    警戒操作を行ったときや異常が発生したときなど、送信機がセントラルステーションに情報を送信すると設定したPCや携帯電話などにメールを送信します。送信する情報は選択できますので必要な情報のみ受信することができます。

  • 月報のダウンロード

    毎月発行する月報はPDFデータ化され、オンラインセキュリティシステムをご利用の方がダウンロードして保存することができます。PDFデータにはパスワードをつけることも可能です。

  • 履歴(ジャーナル)閲覧

    PCやスマートフォンからクラウドサーバにアクセスし、現状の確認や過去のジャーナルを検索することができます。

  • クラウドサーバとバックアップ

    クラウドサーバを使用するため、セントラルステーションの近くにサーバを設置する必要はありません。クラウドサーバと接続する通信回線ををご用意するだけですぐにご利用いただけます。
    また、毎日1回各種情報をクラウドサーバに送信してバックアップを行います。万一セントラルステーションのサーバが完全に故障した場合でも、復旧に必要なデータをバックアップしていますので、早急な復旧が見込めます。

WEB・メールサービス

1) Web機能 ジャーナル情報や月報/日報をオンラインで閲覧、ダウンロードが行えます
2) メール機能 建物に異常が発生したときやお子様がご帰宅したときにメールでお知らせします。
3) モバイル機能 ご家庭の警戒操作を携帯電話やPCから遠隔制御できます。
4) 点検発報機能 端末側点検時に行う通信試験の受信状況を携帯電話などから確認できます。
5) 機動隊連携機能 上下番操作
機動隊員がモバイル端末で上下番操作を行い、情報をセンター装置で共有します。
指令対応状況確認
機動隊員への指令をメールで行います。また、状況確認や報告もモバイル端末から行えます。
6) 残業事前確認機能 設定された時間に未警戒のブロックユーザへ、確認のメールを送信します。 メールに添付されたアドレスから残業延長申請を行うことができます。

オンラインバックアップサービス

EXPクラウドサービス用に敷設したWANを経由して、クラウド上のバックアップサーバに各種情報を1日1回深夜に送信してバックアップします。
バックアップされる情報はジャーナルデータやセンターの操作履歴、端末情報など多岐に渡り、過去1年間分の情報が保存されます。万一、センター装置の情報が全て復元できない場合でも、クラウド上のバックアップデータを使うことで早期の復旧が見込めます。

システム詳細