先輩社員インタビュー1 営業職1

入社時に持っていた営業に対する苦手意識も地道な努力で克服してきた彼。現在では、些細な要望も汲み取らんとする丁寧な姿勢に顧客からの信頼も厚い。ずっと変わらないのは「セキュリティを通じて社会に貢献する」という強い想い。

仕事について

入社のきっかけと現在の仕事内容について教えてください

大学で法律を学んでおり「セキュリティ」「防犯」というキーワードに関心を持ったことがきっかけとなり当社と出会いました。当時の私はとにかく話す事に苦手意識を持っていて、入社試験は散々な結果が続きました・・・。その中でキング通信工業は人事担当者の印象が良く、話をしっかり聞いてもらうことが出来た実感がありました。
私が所属しているセクションは当社のメインとなるセキュリティ機器事業で、行っているのはお客様である警備会社へのルート営業です。既存の顧客を訪問し警備システムに関する困りごとがないか等ヒアリングする。そして課題解決やベターなシステムの紹介などをお客様目線に立ったうえで実践します。心がけているのは、実現が難しい相談をされた時でも、簡単に結論を出さずに一旦はじっくり考える事。相手が何を求めているのか、しっかりと汲み取って提案に落とし込む事。どんな時もお客様の目線に立って、少しでも期待に応える努力をすること、そういった小さな積み重ねがとても大切だと考えます。お客様との普段のやりとりから自分への信頼を感じられるのは素直に嬉しいですし、またやりがいも感じますよ。
警備会社市場を長く経験することで、お客様と良好な人間関係を築いている先輩社員も多く、見習うべき存在がすぐそばに大勢いる環境で充実した毎日を送っています。

キング通信工業だからこそ、実現できたことを教えてください

セキュリティは社会になくてはならないもの。仕事を通じて社会に必要なものを提供しているという実感がありますね。日常生活の中でも、自分がシステム構築に携わった物件に警備会社のシールが貼られているのを見かける。そういう時に社会貢献できているのかなと思います。それと同時に、安全を守ることへの責任の重みも感じます。「社会貢献」というテーマは、元々就活時から持っていたものですが、これからも変わらず持ち続けたいですね。

入社して良かったことを教えてください

元々本当に人と話をするのが苦手だったんです。しかし営業職として働くうちにその苦手意識を少しずつですが払拭できた事、人として成長できた事が何より良かったです。特に成長を実感できたのが2年目。自分の担当する物件で、初めて警備システムの構築を一から完遂できた。今までやってきた事が形となった瞬間で、とても自信になりました。自分が苦手と思うことでも続けていれば克服できるのだと実感しました。そんな適性も含めて自分を見てくれる当社に入社出来たことは、本当に良かったと思いますよ。

 

先輩社員インタビュー1 営業職2 先輩社員インタビュー1 営業職3

学生へのメッセージ

私は話す事が苦手でしたが、毎日大学の就職支援室で面接の練習を行いました。最初は面接で失敗する事もあると思いますが、悲観的にならずに前向きに取り組むと結果はついてくるはず。自分なりに課題を分析して、できる事から一歩ずつやってみてください!

先輩社員インタビュー2 営業職

採用情報