F-10 2G セントラルステーション

コントロールコミュニケータ(KFC-P1)の画像

多彩なラインナップで お客様の監視ニーズに対応

特徴

  • 豊富なラインナップ

    F-10 2G セントラルステーションシステムは、オンラインセキュリティシステムの送信機(コントロールコミュニケータ)登録台数が最大100台から10000台までの幅広いラインナップを取り揃えています。

  • クライアント接続台数最大26台

    F-10 2G セントラルステーションは、サーバPC/クライアントPCで構成されます。クライアントPCは最大26台まで接続可能。WAN回線を利用して遠隔地からも監視が行えます。

  • 優れた操作性

    監視の基本的な操作はマウス操作を中心として行います。朝夕など信号が集中する時間帯でも効率よく情報処理が行えます。

  • リモートメンテナンス

    F-10 2G セントラルステーションに万一不具合が生じた場合、弊社技術センターより通信回線を用いてリモートで一時対応メンテナンスを行います。24時間安心してお使いいただけます。

システムイメージ

仕様

  KFP2 シリーズ  KFP2-S シリーズ
送信機登録台数 100台~10000台 100台~200台
カード登録枚数 100台~10000台 100台~200台
クライアントPC登録台数 最大26台 接続不可
WANクライアント対応 ×
リダンダントセンター対応 ×
リモートメンテナンス機能 ×
サーバタイプ ・ラックマウントサーバ型
・コンパクトサーバ型
・コンパクトサーバクライアントPC併用型
・コンパクトサーバクライアントPC併用型

 

画面サンプル

≪総合一覧画面≫

現在監視している全物件の警戒状態を一覧で表示します。

≪個別一覧画面≫

監視対象の個々の警備狂態を表示します。各ブロックの警備状態や緊急連絡先、登録された地図や図面などの写真も合せて表示します。

≪製番管理画面≫

接続されたコントロールコミュニケータやI/O機器の製造番号を表示します。ファームウェアのバージョンアップなどメンテナンス時に有効です。

≪発生事故記録書≫

異常信号の受信から対応完了まで、セントラルステーションで入力された措置の内容を表示します。お客様へ報告する際の記録としてご利用いただけます。

製品情報