接点入力装置 (DI-P1)

コントロールコミュニケータ(KFC-P1)の画像

KFC-P1専用のセンサ入力装置 or 開始入力装置          内部スイッチで機能を選択

カタログ ダウンロード  
仕様図《PDF》 ダウンロード  
仕様図《DXF圧縮》 ダウンロード  

特徴

  • ■「センサ入力装置」「開始入力装置」どちらかを選択して使用

    本装置の内部ディップスイッチを切り替えることで「センサ入力装置」「開始入力装置」どちらかを選択して使用します。

  • ■「センサ入力装置」では、無電圧接点入力を16ch増設

    「センサ入力装置」に設定した場合、マグネットスイッチなどの無電圧接点入力を16ch増設できます。多重入力装置≪AI-P1≫と合わせて最大160chまで増設可能です。

  • ■「開始入力装置」では、ブロックの警戒操作を最大16ブロックまで制御可能

    「開始入力装置」に設定した場合、キースイッチや他の設備機器からの無電圧接点を入力することで、接点状態の変化に合わせてブロックの警備開始/解除が変化します。1台のKFC-P1に対し最大4台まで接続可能です。

    1つの接点入力に対し任意の1ブロックをセンター装置で割り当てます。1つのブロックに対し複数の接点入力を割り当てることはできません。また、1つの接点入力で複数のブロックの警戒状態を変化させることはできません。

仕様

電源 入力電源 DC10.8~14.4V
消費電流 0.3A(最大)
通信 通信 ELSB
表示 ランプ表示 電源 / 通信 / 状態表示
入出力 接点入力 16点(無電圧接点入力)
電池試験開始 1点(オープンコレクタ)
電池試験結果 1点(無電圧接点入力)
メモリカセットI/F なし
構造 寸法(mm) W270×H210×D56 (mm)
質量 約1.1kg
取付方法 壁面取付 / 室内専用
環境 周囲温度 / 周囲湿度 0~40℃ / 80%RH以下(結露しないこと)
その他 タンパ検出 フロントカバー開閉検知

製品情報